卒業式の主役と脇役の衣装選び

来年子供の卒業式を経験するのですが、シチュエーションとして別れでもあり新たな旅立ちでもあるので、あまり派手な衣装は避けた方が良さそうです。
特に女性がメインではあると思いますが、落ち着いた色でスーツがベストかと感じます子供のつながりで仲が良い親同士なら互いに意識しあう事もありそうですが、正直今は着物で参加する方は少ないと思いますが、着物も風情たっぷりで個人的には良いものと思うのですが、着物は高価なのでどちらかと言えばレンタルする方が多いと思います。
私の子供時代はクラスの半分は着物の母親でここぞとばかりに着飾っていたのを思い出します。
当時はレンタル衣装屋も少なく自前がほとんどで家でも朝から着付けに大騒ぎだった記憶があります。
その際も母親は派手過ぎないものを選んでいて、しっくり着こなしていたものです。

話題は親の衣装になってしまいましたが、卒業式の主役は子供であり地方や学校により指定されたものを着る所もあります。
小学校なら次の中学校の制服を着たり、普通の私服や子供用のスーツで揃えたり多種多様であると同時に共通して言えるのは靴下の色は白で決まりと思います。
以前知り合いに学校の教諭がいて聞いた事があるのですが、生徒の父兄さんより目立つ衣装は極力着ないように心掛けているのは事実だそうで、結婚式の花嫁と披露宴参加者のような関係に等しいものがあります。
このように公の場では基本主役を引き立てる落ち付いた色を選ぶのが無難です。

注目の情報

Copyright (C)2017卒業式の衣装レンタル メリットデメリット.All rights reserved.