卒業式の衣装は振袖?袴?

卒業式の衣装の思い出といえば、大学の卒業式です。
中学や高校の卒業式は今まで着ていた制服を着る最後の機会なので、感慨深いものではありました。
大学の卒業式は普段は私服なので卒業式の少し前から友人とスーツ、振袖、袴のどれを着るかの話で盛り上がります。

わたしは成人式で振袖を着たばかりだったので卒業式の衣装は袴を着ることに決めました。
卒業式近くになると、袴をレンタルする会社が試着する場所を大学内に設けて、友人達と袴を選びに行きました。
袴は上の着物と下の袴の組み合わせを変えるだけで、雰囲気が変わりとても迷ったのを覚えています。
私は暗い色が似合わなかったので、白に大花柄の着物、紫の袴を選びました。
袴の下に着る着物を自分の持っている振袖にしている人もいて、袴の着方は無限大だと感じました。
袴を選んだら、履き物を選びます。
私の頃は袴にショートブーツを履くのが流行っていたので、迷わずショートブーツを選びました。
髪型も振袖を着る時よりも、大人っぽい控えめなヘアスタイルにしました。
袴を着るのはきっとあの卒業式の一度きりだと思います。
あの時、袴を着てみて良かったと思います。
もちろん、自分の振袖を持っている人は振袖を着る事もあるだろうし、入学式のスーツを着て大学生活を締めくくる人もいると思います。
それでも大切なのは、卒業式は次の生活に向けてのスタートだと思います。
だから卒業式の衣装は後悔の無いように選んで欲しいと思います。
Copyright (C)2017卒業式の衣装レンタル メリットデメリット.All rights reserved.